ホーム お客様の声一覧 お客様の声140620

奈良県 K様   投稿日:2014年6月20日

あすかの恵みお客様の声 つまづいて時々ころぶのですが、上手にころんで居ります。一度も骨折した事もなく、助かって居ります。
多分「あすかの恵み」のおかげでしょう!!
ずっと、毎日いただきます。
ありがとうございます。
(頂いた原文のままご紹介しております)
担当者からのお礼
嬉しいお声、ありがとうございます!
時々転ぶ事がありながらも、骨折する事無くお元気に暮らされているK様。
いつまでも健康で歩けるお体を維持なさって下さいね。
 
K様のように「うまく転ぶ」という事ができれば良いのですが、ご高齢の方が転ぶと骨折はもちろんお怪我の心配もありますので、できれば転ばないよう歩いて頂くことがベストです。
K様も書いて下さっているように、ご高齢になると小さな段差でもつまずいてしまいます。
これは、足の筋力が弱くなっている事と、地面を押している足裏の面積が年齢と共に少なくなる事も原因です。
 
若い頃は指まで含めた足の裏全体で地面を踏んで歩きます。それが、高齢になると足先が内側に縮んでくるので、地面に着く足裏の面積が狭くなってしまうのです。
一度試しに片足で立って、足全体と足の指を曲げた状態とで比較してみて下さい。
足全体だとどっしり構えられるのに、指を曲げると不安定に感じるはずです。
このように、ご高齢の方は常に足先を丸めているような状態なので、歩いている時に少しの障害でバランスを崩し転んでしまったり、そうならない為に足をあまり上げずに歩くようになります。
そうすると、歩き方が「すり足」になり小さな段差にもつまずいてしまうのです。
このような現象を防ぐ為に、足指を反らしたり伸ばしたりする、足首を回して柔軟にする、というようなストレッチを行なうと効果的です。
 
また、転んでも骨折しない体づくりも大切です。
女性が閉経を迎えると、女性ホルモンの分泌量が著しく少なくなり、骨量つまり骨密度が低下します。
元々日本人はカルシウムが不足しがちなうえに骨量が減少する事で、骨がスカスカで脆くなり少しの衝撃で骨折してしまいます。
また、骨にはコラーゲンも含まれていて、年々このコラーゲンの生成が少なくなるのも原因の一つになります。
【あすかの恵み】には、たっぷりのコラーゲンと共にカルシウムも配合しております。
また、カルシウムの作用を助けるビタミンD、マグネシウムも入っているので肌や関節だけでなく骨の健康にも役立つサプリメントとなっております。
 
現在は、自治体の健康診断で骨密度を測ってくれる地域もあるようなので、まずはご自身の骨の状態を知る事から始めてみてはいかがでしょうか。