ホーム 太陽堂豆知識一覧 薬はコップ1杯の水かぬるま湯で飲む!

薬はコップ1杯の水かぬるま湯で飲む!

薬はコップ1杯の水かぬるま湯で飲む!チュアブル錠、口腔内崩壊錠を除いた飲み方は、水かぬるま湯で飲みます。 ジュースやアルコールなどで飲むと、効果に影響が出たり、副作用が多くなったりする事があります。
必ず、説明書を確認しましょう。

【牛乳】牛乳や乳製品は、胃のpHを上げる働きが強い食品です。薬によっては効き目が低下し、効果の発現に時間がかかる事があります。

【ジュース】薬によっては吸収が低下する事があります。病院で処方されているコレステロールや血圧の薬は、グレープフルーツジュースと一緒に飲むと、効果が強く出たり、副作用が多くなったりする事があります。

【コーヒー・お茶】薬の中にカフェインが含まれているものがあり、一緒に飲むと、カフェインの取りすぎで興奮して眠れなくなることがあります。

【アルコール】薬の効き目が強く出すぎたり、副作用が現れやすくなります。特に、風邪薬などに使用される解熱鎮痛剤のアセトアミノフェンは、アルコールと反応して肝臓に負担をかけやすくするので、飲んではいけません。