ホーム 太陽堂豆知識一覧 薬の上手な保管方法

薬の上手な保管方法

みなさん、薬はどのように保管されていますか?
ご自身の体調と同じように、薬もきちんと管理・保管する事が大切です。
薬を保管する際の6つのポイント
飲み薬は飲む時間を守りましょうポイント<1>
直射日光が当たる、高温・多湿な場所は避ける! (涼しい場所に保管しましょう)

ポイント<2>
子供の手の届かないところに保管!
誤って飲んでしまわないよう、子供の手の届かない場所に保管しましょう。

ポイント<3>
外箱や袋、説明書は使い切るまで大切に保管する!
使用上の注意などがいつでも確認できるよう、外箱や説明書はすぐに捨てず、薬を使い切るまで保管しておきましょう。

ポイント<4>
年に一度は薬箱を整理しましょう!
薬箱にどんな薬が入っているのか、使用期限を過ぎていないかなど確認しましょう。

ポイント<5>
他の容器に移し替えない!
誤用や品質の変化の原因になるので、薬袋や外箱から他の容器に移すのはやめましょう。

ポイント<6>
農薬、殺虫・防虫剤と同じ箱に入れない!
農薬や殺虫・防虫剤は間違って口に入れてしまうと大変危険です。
服用薬と同じ箱に入れないようにしましょう。