ホーム お客様の声一覧 お客様の声140610

新潟県 I様   投稿日:2014年6月10日

あすかの恵みお客様の声 最高齢になりますと健康であることが一番の幸福です
膝を痛めて二ヶ月お医者さんのお世話になりました。
高令だからとあきらめては、いけないと思います。自分の足でしっかり歩けるよう健康管理していきます あすかの恵よろしくお願いします。
(頂いた原文のままご紹介しております)
担当者からのお礼
嬉しいお声、ありがとうございます!
「高齢だからと諦めてはいけない」と前向きに過ごされているI様、そのお気持ちが膝の回復への大きな原動力となったことでしょう。これからも【あすかの恵み】がI様の健康管理の一助となれば幸いです。
 
若い頃は健康に気を遣っていなくても、年を重ねるごとに健康の有り難さをしみじみと実感するものです。
ある調査で20〜60代の女性に「欲しいもの」についてアンケートをとった結果、20〜50代の1位が「お金」であるのに対して60代では「健康」がトップになりました。
では、60代まで健康に興味がないかというとそうではなく、「お金が欲しい」と願う20〜50代でも「健康」の順位は年代とともに上がっていきます。
また、50・60代では「若さ」というキーワードも見られるようになります。
 
この調査では60代までを対象としていますが、それより上の年代になると「健康」「若さ」はより切実なテーマになることでしょう。
I様のように「健康こそが幸せ」と感じる方が多くなると予想されます。
 
高齢になって「健康」「若さ」の指標となるのが「歩行」です。I様も書いて下さっている通り「自分の足でしっかり歩く事」ができるかどうかで生活は全く違うものになります。
日常生活で何気なく行き来しているリビング、トイレ、お風呂、台所・・・歩けなければ家の中でさえも行動範囲が狭まり、身体機能が衰えるだけでなく生きる活力も低下してしまいます。
 
膝や腰が痛くて歩けない・・・と、ならない為にも是非【あすかの恵み】をお試し下さい。
年を重ねるにつれて起こる膝や腰の関節痛は、骨と骨の間にある軟骨がすり減り骨同士が直接こすれ合う事で生じます。
軟骨がすり減る原因の1つとしてコラーゲン不足が挙げられますが、普段の食事からコラーゲンが充分に補給されていない場合や加齢により新陳代謝が低下するとコラーゲンの生成が少なくなり不足すると言われています。
良質のコラーゲンを摂取すれば、軟骨がすり減るのを防いで関節痛を予防・緩和する事ができるのです。
消化吸収されやすいコラーゲンと共に、美容と健康に役立つ22種類の栄養素が含まれている【あすかの恵み】を飲んで、いつまでも元気に歩ける体作りを目指しましょう。