ホーム お客様の声一覧 お客様の声140725

茨城県 S様   投稿日:2014年7月25日

あすかの恵みお客様の声 前回のほし柿はとてもおいしかったので今回も何が来るのか楽しみにしています。
毎日あすかの恵みを飲んで元気に過しています。
70才位い迄は元気で山登りもしたいと考えています。山の方は16年目になりました。
(頂いた原文のままご紹介しております)
担当者からのお礼
嬉しいお声、ありがとうございます!
S様は【あすかの恵み】を飲んでお元気に過ごされていて、山登りも楽しまれているようですね。70才くらい迄と書かれていましたが、70才とおっしゃらずいつまでも山登りを続けられるぐらい健やかに過ごされる事を祈っております。
 
しかし、登山歴16年のS様が70才まで、と決めていらっしゃるのはさすがベテランらしいご判断だとも思いました。
近年、お元気な中高年の方が増えた事もあり、登山愛好家の高齢化が進んでいます。
老後の生き甲斐として登山をされる事はとても有意義なことです。山に入れば四季を肌で感じられ、森林浴効果もあります。
一方、中高年の登山家が増えるに従って、山岳遭難者が占める中高年の割合も増加しています。
 
年齢を重ねるにつれて判断力が鈍ったり体力が落ちたりするのは自然な事。その中で登山という危険を伴う状況に挑むには、若い方以上の準備と知識が必要です。
「自分は元気だししっかりしているから大丈夫」と気に留めていない方もいますが、中高年にさしかかると色々な事に鈍感になり、判断力や体力の低下にさえ気付いていない場合もあります。これは気温や体温にも言える事です。気温や体温の変化を体感として感じにくくなっていて、山の上ではそれが命取りになる事もあります。
また、中高年になれば多かれ少なかれ内臓疾患を抱えている方も多くなります。日常生活では表出していなかった疾患が登山というタフな状況の中で現れてしまい命が危険にさらされる可能性も高まります。
このような事をよくご存知だからこそ、S様は70才くらいまで、と決めていらっしゃるのではないでしょうか。
 
しかし、登山は大変素晴らしいものですからできるだけ長くお楽しみ頂きたいと思います。その為にも、こまめに健康診断を受けられて医師の指導を仰ぐ事、日頃お付き合いのある方にご自身の様子について尋ね客観的な意見を参考にする事が大切です。
 
そして、登山の為にはまず足腰が丈夫で体力がないといけません。運動の他に、カルシウムやコラーゲンを摂取して骨を強化する事にも心を配るようにしましょう。