卵と体の関係:第3回「卵の注意点」

身近な食材である卵。
様々な料理に使えて重宝するので食べる機会が多いですが、皆さん卵についてどれほどご存知でしょうか?
今回は卵と体の関係のなかで「卵の注意点」をご紹介します。
卵の注意点
卵と体の関係

1「身の回りの卵入り製品」
卵アレルギーをはじめとして、卵を食べる事に注意が必要な方は意外と多いものです。家族や周りの方のためにも卵について正しい知識を持っておきましょう。 卵は「こんなものにも?」と驚くほど多くの加工食品に含まれています。ケーキやパン、ドレッシング、インスタント食品や、味付けのりの光沢をつけるために使われることも。アレルギーを持つ人との食事の際は、アレルギー表示の確認を忘れずに。

2「卵アレルギーの方が気をつけたいお薬」
リゾチーム塩酸塩を含む風邪薬などは、卵アレルギーの方が気をつけなければならない薬の一つです。リゾチーム塩酸塩は、店頭で買える医薬品に含まれていることもあるので、卵アレルギーの方が薬を購入する場合は必ず薬剤師及び登録販売者に相談して下さい。

3「コレステロールに敏感な人はご用心」
アレルギーの方以外にも、卵の摂取に注意が必要な方がいます。それは体質的にコレステロールに敏感な方やコレステロール値が非常に高い方です。医師や栄養士から注意を促されている場合は、指導に従いましょう。

次回は卵の扱い方についてご紹介します。